相談時に聞かれる事って?

多額の借金を背負ってしまい、債務整理を視野に入れてお考えの方の中には相談時にどのようなことを尋ねられるか不安になります。ギャンブルや趣味に散財してしまい、借金しなければならない状況に追い込まれたというケースも少なくありません。

 
弁護士や司法書士の事務所の債務の整理に関する相談では、任意整理と自己破産のどちらかの方法で債務の整理を行うかによって変わってきます。任意整理においては、まず借り入れの詳細な理由を問われることはありません。しかし、自己破産によって債務の整理を行うのであれば、詳細な事情を担当の弁護士や司法書士に説明する必要があります。

 
任意整理は、支払い能力が認められ定められた支払を継続していけることが可能であれば、自己破産しなくて済みます。原則として借り入れの詳細について尋ねられることはありませんが、任意整理後の支払いができないようであれば、その明確な理由について尋ねられます。

 

光と自然
自己破産の方法で債務を整理する場合は、司法書士が代理人になることができますがその他の手続きは弁護士の仕事になります。そして、詳細な借り入れの事情について聞かれるので、自己破産を検討されている方は弁護士事務所へ相談に行く方が得策です。

コメントは受け付けていません。