着手金0円、初期費用なしが意味すること

昨今、過払い金請求を代行する、弁護士事務所や司法書士事務所の広告をよく目にします。さらに、広告には、相談は何度でも無料、着手金0円、初期費用なしと謳っているものもあります。

 
なぜ、初期費用を請求せずに、過払い金請求の代行を請負うのでしょうか。それは、相談にきた依頼人から、取引していた金融会社、契約開始時期、貸付金利、借入金額などをヒアリングすることで、取引履歴を取り寄せる前に、過払い金の回収見込みがあるかどうか判断することができます。そして、回収に成功した際に、回収金額に一定の利率を掛けたものを成功報酬として受け取るため、初期費用を請求せずに、代行を請負います。

紅葉03
成功報酬の利率は、代行する弁護士、司法書士によって異なりますので、きちんと見極めて、依頼するかどうか判断する必要があると言えます。また、司法書士の場合、代理を請け負うことができる請求金額の上限が140万までと法律で定められています。

 
過去に、長期にわたって借入をしていたり、高利息で借入していた場合などは、高額な金額を請求することができるかもしれません。その場合は、初めから弁護士に過払い金請求の代行を依頼する方が得策と言えます。また、金融会社が交渉に応じず、裁判になることもありますので、債務整理の実績があることが望ましいと言えます。

コメントは受け付けていません。