事務所の選び方について

紅葉

 

債務整理相談をする場合に、弁護士と司法書士ができる業務の違いとは総債権額によって違いがあり、債権額が140万円以下の場合には弁護士でも司法書士でもほとんど違いがないので、正しい選び方としては、140万円未満の場合には信頼のできる弁護士または司法書士事務所を探す方法で十分な手続きができます。

 

しかし総債権額が140万円を超える場合には弁護士と司法書士では条件が変わります。

 

弁護士に依頼した場合には交渉権や訴訟代理権が与えられるので、集団訴訟や高額の慰謝料などの請求をして訴訟を起こして裁判を争うことができますが、司法書士の場合には140万円を超えてしまうと交渉権と訴訟代理権が認められないので、慰謝料などを請求して法廷で争うことができません。

 

一般的な債権整理では140万円未満の場合が多いので、弁護士でも司法書士でも同じ対応が可能になりますが、140万円以上の場合には何らかの事情がない限りは、弁護士に依頼することが望ましいといえます。

 

また自己破産や民事再生の場合には事情が異なり、地方裁判所に申し立てを行う必要があるので、訴訟代理権の認められていない司法書士に依頼してしまうと、書類の作成は司法書士に任せて、自分が申し立てをすることになります。

コメントは受け付けていません。